忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

西尾維新 / 講談社

“究極魔法”獲得を目的とした実験により、全住民が消失した四国。閉ざされたその地では、対立する魔法少女のグループが死闘を繰り広げていた。十三歳の英雄・空々空と謎の幼児・酒々井かんづめは、少女たちの戦争を潜り抜け、死地を脱出できるのか。
新兵器『悲恋』が上陸を果たし、地球との最終決戦が迫る!
悲鳴に始まり、悲痛な別れを繰り返し、悲惨な死すら越えていく英雄譚、第四弾。


当初の予定では、すでに『悲業伝』まで出ているはずでしたが、やはりというかなんというか、ようやく『悲報伝』です。
今巻では、生き残りの魔法少女チーム『スプリング』と『オータム』がしのぎを削る高知・愛媛編となります。

高知と愛媛では、それぞれチーム『スプリング』とチーム『オータム』が細々とゲームをプレイしており、二チームは共闘どころか反目しあっており、お互いの手の内がわかっているが故の均衡状態が続いていた。
その名も『春秋戦争』。

と、あらすじを書くといかにも厨二的な香りがぷんぷんしますが、読み進めていくとなるほどどうして、いつもの西尾維新的言葉使いが炸裂しているだけで、「戦争」なんていう単語は大げさに過ぎるということがわかってきます。
高知と愛媛を舞台にしているにもかかわらず、ものすごく狭いフィールドでバトルが行われ、魔法少女たちが現れては死んでいく、といういつも通りの展開。
その描写があまりにも呆気ないものだから、せっかくおもしろそうな『魔法』をみんな持っているんだから思いっきり厨二的な能力バトルものを読んでみたいなぁ、とちょっぴり思ってしまいました。

しかし、西尾維新の持ち味は言葉によるバトルであり、いつかも書きましたが、この伝説シリーズは戯言遣いシリーズへの原点回帰でもあると思うので、これはこれでいいのでした。
だいたい、厨二臭い能力バトルものなら人間シリーズがあるし、魔法を駆使したバトルものならりすかシリーズがあるし、このシリーズにおけるバトル要素はあくまでも添え物で十分。

物語は佳境を迎え、ようよう役者が出揃い、伏線も張り巡らされました。
『魔法』とは? 『魔女』とは? そして『究極魔法』とは?
息切れ中だるみを乗り越え、ようやくここまでたどり着いたという感じ。
『悲業伝』で物語がどのように着地するのか、楽しみです。
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
PR
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
Copyright ©   input   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]