忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アーシュラ・K・ル=グウィン / 岩波書店
gedo_2.jpg
アースシー世界では、島々の間に争いが絶えない。青年ゲドは、平和をもたらすエレス・アクベの腕環を求めてアチュアンの墓所へおもむき、暗黒の地下迷宮を守る巫女の少女アルハと出会う。

『影との戦い』では、少年ゲドの成長を描きました。
そしてこの『こわれた腕環』では、少女アルハの成長を描きます。
これは再三書きましたが、物語の基本とは、アイデンティティの喪失と獲得の過程そのものだと思っています。
「ゲド戦記」は?も?もまさにそのど真ん中、少年と少女がアイデンティティを一旦は喪失し、再び獲得する過程を描いたものだといえます。
まったく同じテーマを扱いながらも、描き方も物語の展開もまるっと変え、なおかつ心躍る冒険譚に仕立て上げるル=グィンの手腕には舌を巻きます。こりゃすごい。

テナーがアルハとなり、アルハが再びテナーとなる。
説話じみるでも論話じみるでもなく、きちんとファンタジーとして成立させて見せてくれるのだからたまらない。
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
夜市   *HOME*   夢の守り人
PR
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
Copyright ©   input   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]