忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アーシュラ・K・ル=グウィン / 岩波書店
gedo_4.jpg
魔法の力を使い果たしたゲドは故郷ゴント島に戻り、テナーと再会する。大火傷を負った少女も加えての共同生活が軌道にのりだした頃、三人は領主の館をめぐる陰謀に巻き込まれてゆく。太古の魔法を受け継ぐのは誰か?


ジブリが映画化したのは、この?とひとつ前の?の合わせ技でした。
まぁ、?を読んだときにも感じたし書きましたが、これは比べちゃ駄目ですねぇ。

一人の女として自立したテナーと、魔法の力をなくしたゲド、そして孤児のテルー。この三者がいて、その生活が触れあって初めてあのエンディングに到達するものだと思います。
竜と人。
魔法と人。
自然と人。
剣と魔法のファンタジーであるようで、魔法を必要悪とも見なしていないのが、さすがだと思いました。
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ぶっかけるだけで…159
ココぶっかけるだけで喜んでくれるって嬉しくね?wwしかも大量だったから今後も含めて5まんの上乗せwww
http://g-blend.net/qr/190
ざーめん138| URL| 2007/10/22(Mon)20:11:35| 編集
ぶっかけるだけで…115
ココぶっかけるだけで喜んでくれるって嬉しくね?wwしかも大量だったから今後も含めて5まんの上乗せwww
http://g-blend.net/qr/149
ざーめん136| URL| 2007/10/22(Mon)20:12:21| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログ内検索
Copyright ©   input   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]