忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

梓崎優 / 東京創元社

カンボジアの地を彷徨う日本人少年は、現地のストリートチルドレンに拾われた。「迷惑はな、かけるものなんだよ」過酷な環境下でも、そこには仲間がいて、笑いがあり、信頼があった。しかし、あまりにもささやかな安息は、ある朝突然破られる――。彼らを襲う、動機不明の連続殺人。少年が苦難の果てに辿り着いた、胸を抉る真相とは?

僕が泣く必要は、きっとないのだ。


前作、『叫びと祈り』から3年、待望の新作です。
『叫びと祈り』は、ミステリと呼ぶにはあまりにも叙情的すぎる文章と、ロマンティックな筆致で紡がれる人間ドラマが実に秀逸でした。読んでいる途中からミステリであることを忘れてしまうくらい美しい物語でした。

で。

そんな梓崎優が、今度はカンボジアを舞台に、ストリートチルドレンを主人公に、長編を書いた、ということで。
期待に胸ふくらませて読みました。

前作同様、今作も非常に叙情的な文章で、カンボジアの風景やストリートチルドレンの生活を描いていく様は、濃密すぎて頭がくらくらしてきそうなほどでした。
ここに描かれる彼らの生活環境は非常に過酷なもので、日本でのうのうと暮らしている自分としては、正直想像の範疇を超えていました。
過酷な現実、非情な過去、先の見えない未来――。
絶望的な状況の中、それでも子ども達は力強く生きていました。
ああ。本当に。

しかし、ミステリとしては、うーん……。
連続殺人事件が発生するまでが長すぎるし、その後の展開もなぁ。
殺人事件の「真相」も、ちょっと無理矢理すぎる嫌いがある。
わからなくはないけれど、なんていうか、もうちょっとスマートにできなかったものか。
探偵役(斉木だよね?)の登場も唐突なら、いきなり安楽椅子探偵を務めるのも違和感。
ここはやはりミサキが悩んで苦しんで真相に辿り着いてほしかったです。


しかししかし、ガチガチのミステリだと思わずに、カンボジアのストリート・チルドレンの物語だと思えば、大満足できる作品です。
連続殺人事件の真相よりも、カンボジアで生きるストリート・チルドレン、彼らの人生、そしてミサキの導き出した結論。そうした生き様にこそ、胸を抉られました。
「どんなに汚いものだって、きれいな星に見える一瞬があるんだ。そう考えるべきなんだよ」
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
PR
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
Copyright ©   input   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]